消費者金融で借入を希望する際には、審査基準の一つに在籍確認があります

消費者金融で借入を希望する際には、審査基準の一つに在籍確認があります

消費者金融で借入を希望し申し込みを行った場合には、
審査基準の一つとして在籍確認を行う必要があります。

 

在籍確認とは、消費者金融に申し込みをした人に本当に返済能力があるのかを確認するための審査の一環です。

 

基本的には申込者が勤務している職場に電話連絡をする形で行われることになるでしょう。
勤務先に消費者金融から電話が来た場合には、
お金を借りることがばれてしまうと心配になる人も多いかもしれませんが、
ここで特に心配する必要がありません。

 

この在籍確認は、申込者のプライバシーに配慮して行われることから、
電話連絡が原因となりカードローンを利用することを知られる可能性はほとんどありません。

 

それでも電話連絡が不安だという場合には、
中には電話連絡なしで契約ができる消費者金融もあることから、
そちらを利用するようにしましょう。

 

なぜ消費者金融が申込者の勤務先に在籍確認の電話連絡をするのかというと、
本当に申告した勤務先で働いているのかを確かめるためといえます。

 

申込者が申込書に記入した勤務先で本当に勤務しているかどうかはわかりません。
場合によっては大企業に勤めていると虚偽の申請をして、
高額な融資を受けようと考えていたり、無職なのにもかかわらず、
勤務しているとうその情報を記載している可能性もあるでしょう。

 

収入のない人に対しお金を貸した場合には、返済されなくなってしまい、
返済がなされないということは消費者金融側にとっては大きな損害になり痛手となります。
そのため審査の一環として在籍確認がおこなわれるのです。

 

実際にどのような内容で行われるのかというと、電話連絡は個人名で行われます。
また非通知でかかってくる特徴があり、申込者以外には用件を話さないので、
電話連絡が原因となり周囲にばれる可能性は低いと言えるでしょう。

 

この在籍確認が無事に終了してから、実際に借入ができるということを覚えておきましょう。
心配な場合には、クレジットカードを作ったからなどというように、
落ち着いた態度で対応することが大切です。ブラック融資