消費者金融の借入で風俗勤務や飲み屋勤務の人が審査基準に厳しい理由と審査に通るための対策とは

消費者金融の借入で風俗勤務や飲み屋勤務の人が審査基準に厳しい理由と審査に通るための対策とは

消費者金融での借入で、特に審査基準が厳しい職業といわれるものに「水商売」が挙げられます。水商売とは、キャバクラやスナック勤務、風俗勤務や飲み屋勤務などのことです。

 

これらの職業の人の審査が厳しい理由には、集客によって収入が大きく左右される、
不安定要素があるとみなされているからです。

 

特に風俗嬢勤務の人は高収入を得ているイメージですが、不景気のあおりを受けたり、
競合店の競争に敗れ勤めている店が閉店したりというリスクは、
いつ起こってもおかしくないと思われている職業です。

 

そのため収入が途絶え、返済が滞り借りたお金を返せなくなるのではないかという危惧を、
消費者金融は抱いているのです。
そしてこれはあくまでも偏見であり、もちろんすべての人がそういうわけではないですが「水商売で働く人は借金での返済トラブルが多い」と考えている人が多く、
実際そういった事例も過去にいくつかあるようです。

 

そういった理由から、審査を慎重に行い、審査基準を厳しめに設けていることが多いのです。
しかし風俗勤務や飲み屋勤務などの水商売で働く人は、
消費者金融で借入が出来ないのかというと、決してそういうわけではありません。

 

1年以上の勤務実績があり、安定した収入を証明できる「収入証明書」の提出や、
過去に長期延滞履歴がない、
他社の消費者金融での借入金額が年収の3分の1を超えていないという状態であれば、
審査に通過する可能性はあります。

 

1年未満の勤続実績がないとい言った場合でも、
年収の3分の1以内の金額におさめていれば、
審査に通る可能性は十分あると言えます。

 

そしてこれは裏技になりますが、
借入審査申込書の職業の欄の書き方を工夫する方法もあります。

 

 

申込書に嘘を書くのはぜったい禁止とはいえ、
正直に「風俗勤務」や「飲み屋勤務」と書くと、
どうしても眉をひそめられることは否定できません。

 

そのため「エンターテイメント企業」や「アミューズメント企業」と、
ぼやかした表現で書くのも一つの方法です。

 

しかし所属している会社名を偽ることはいけません。
そこはしっかりと正直に書くようにしましょう。

 

他には、最初にお金を借りる時は、金額をできるだけ少額で申請するのも、
審査に通過しやすいポイントです。

 

そういった場合は収入証明書の提出も不要になることが多いのでおすすめです。
そこで借りたお金をきちんと返した実績をつくっておくと、
その後少しずつ増額も可能になるので、
まずは少額で申請してみてはいかがでしょうか。