年金受給者でも消費者金融で借入できるの?借入れの審査基準について把握しよう

年金受給者でも消費者金融で借入できるの?借入れの審査基準について把握しよう

支給されている年金だけでは生活費を賄うことができず、
年金受給者でも消費者金融で借入できるの?と考えている人は多いかもしれません。

 

一般的に年金収入だけでは返済能力が難しいと判断されるので、
年金受給者は消費者金融の貸し付けの対象にはならないケースが多いです。

 

カードローンであればお金を借りられる可能性も十分にあります。
しかしすべてのカードローンで借り入れできるわけではなく、
借り入れする先について慎重に選ぶ必要があります。

 

 

年金受給者でもお金を借り入れられるのは、
65歳以上を貸し付け対象にしているカードローンのみといえます。

 

借りる際に重視されることは定期的な収入があげられ、
年金は賃金業法で所得にあたると認められているものです。

 

つまり法律的には借入が認められているということになります。
しかし実際にはすべての金融会社で年金受給者に対し融資が行われているわけではなく、
何も考えずに申し込んでしまうと審査に落とされてしまう可能性が高まります。

 

 

お金を借りると聞くと、ハードルをなど重いかぶる人も多いかもしれませんが、
実際には年金収入だけでは融資を受けられないことがほとんどです。

 

しかし中には探してみると、年金受給者でも即日融資に対応していて、
申し込みから最大60分で借りられるところも存在しています。
このようなところを利用することが大切と言えるでしょう。

 

 

消費者金融の場合には、申し込みの当日に現金が手に入ることになるので、
急な出費にも多用することができるでしょう。

 

引き落としが明日なのにもかかわらず口座に現金がないという場合でも、
最短60分の融資に対応する所であれば、十分に支払いに間に合います。

 

即日融資を受けるためには、インターネットで完結できる消費者金融を選ぶことが重要です。
申し込みから借り入れまでの手続きが、
すべてスマートフォンやパソコンで完了するものであり、
店頭や電話での申し込みとは異なり、
手続きのすべてをオンライン上で完結させることができるため、
必要書類の提出などの手間も省けます。

 

 

満69歳まで新規申し込みが可能な消費者金融もあり、
老後の生活に悩む人でも、十分に即日融資が受けられるでしょう。

 

事前に審査基準をよく確認したうえで、
自分が貸し付け条件を満たしているかどうかをしっかりと確認することが大切です。

 

審査基準は、満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人とされているので、
特に金融事故などの問題がなければ十分にお金を借りることができます。